今季ナゴヤドーム最終戦です。

画像

ナゴヤドーム今季最終戦です、先発は二桁勝利目前、大野投手です。

画像

1回裏無死、先頭の大島選手がライトへ二塁打を放ちます、球団記録のシーズン186安打まであと1本!

画像

2回裏無死一、二塁、谷繁選手が通算250犠打となる送りバントを決め1死二、三塁のチャンスを作ると。

画像

2回裏1死二、三塁、三ツ俣選手が右犠飛を放ち1点を先制します。

画像

4回裏1死二、三塁、中前に2点タイムリーを放った谷繁選手兼任監督、3-0。

画像

6回表1死から登板した鈴木義投手、引退登板となった最後のマウンド、黒羽根選手との対戦でしたが、本塁打を打たれてしまいました。

画像

2死からは小林投手が登板、モスコーソ投手を三振にとります。
小林投手のこのダイナミックな投球フォームも見納めに・・・

画像

三瀬投手は7回表2死の場面で登板、対戦は4番の筒香選手ですが三振にとりました!!

画像

三投手、それぞれの引退のマウンド、最後の登板が終わりました。

画像

ドーム最終戦は4-2で勝利、大野投手も見事に二桁勝利達成です!最後を締めた福谷投手を笑顔で迎えます。

画像

試合後はセレモニーが行われ、三瀬投手

画像

小林投手

画像

鈴木義投手の胴上げが行われました。

三瀬投手、小林投手、鈴木義投手、本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました!!

ファンの皆様、今季も一年間、ご声援いただきありがとうございました!!

この記事へのコメント

2014年10月02日 01:04
皆々様、こんばんは!!

ナゴド最終戦、アツかったです。
大野さん、おめでと!
大島さん、打ちまくっちゃえ!
ミッツノってる!
シゲさんさすが!
・・・あら?しゅーへーさんのお写真はぁ~~?(´▽`)/

今日は朝一番からの秋風ニュースで心が折れそうでした。
けど。けど!
それぞれの道を。行きましょう。行かねばならぬ。
行ってください!飛ぶのだ!そして越えろ!!

みんなのぶんも。
三瀬さん、正人さん、スーさん、
本当にありがとう!!!

さぁ。あと一戦、キッチリ締めてきてね(*^^)v

とりあえず。ナゴド締め。
今季もありがとうございました!!
2014年10月03日 00:50
ブログ主にお尋ねしたいことがあります。
昨日のソフトバンク対オリックスの試合、
見てましたか?。


両チームともフロント主導で今シーズンはかなりの補強をしてきました。
ところがその大補強に走りながら結果はチーム144試合目まで優勝が決まらない展開。
「それだけ大変なことなんだ、リーグ優勝って。」
と思いませんでしたか?。

負けたオリックスの選手、ベンチの様子見ましたか?。
サヨナラを決められ、マウンドから動けない投手の比嘉。
泣き崩れて、チームメートに抱えられないと立つことすらできなかった捕手の伊藤。
茫然として声すら出せない選手たちを相手に応援してくれたファンに挨拶をしようと促す指揮官・・・。
ここ3年間、このチームが戦ってきた中であんな胸を熱くさせるようなシーン、
1度でもありました?。
あんな切ない姿を見させられたら、
ファンじゃなくても応援したくなりますよ。
次こそ勝たせたいなって。
2014年10月03日 02:21
こんばんは。今季最終戦勝利で終わり、山井投手も13勝目を挙げれてほんと良かった。長いペナントレース、お疲れ様でございました。
三瀬投手、小林投手、鈴木投手も強い時代を支えてくださり、本当にありがとうございました。三瀬投手の全盛期を観ることはできませんでしたが、きっと凄い投手だったんだろうなぁ~と想像がつきます。小林投手やスーさんもいなければ、優勝、07年の日本一も達成はできなかった。いい思い出ばかりです。
一昨日は、チームからいなくなる選手らを知り、涙があふれて止まらなかった。
昨夜のソフトバンク対オリックス戦を観ていて、賢ちゃんも応援していましたが、同時に一生選手や恭平君も応援してました。みんな涙してましたね。
ずっと眠れなかったであろう森脇監督のコメントに感動しました。谷繁監督にも苦しい時がまだまだ訪れると思います。
昨夜の熱戦を観ていて改めて思いました。
チームを巣立つ選手には、新たな地で限界まで続けてほしい。一度倒れて二度倒れても這い上がってくる選手になってほしい。そして、一人でも多くの指導者、恩師に巡り会えることを祈っています。
2014年10月03日 06:10
昨年のシーズンが終わった時に私はここのブログにこうコメントを寄せました。
「いい加減辞めてくれるんだよね?。坂井、井手、佐藤、西脇、以上4名。」
「1度の失敗は許される。でも同じ失敗を2度3度と繰り返す奴はバカと言われ、見捨てられる。」
って。

あれから1年が経ちました。
確かに4名のバカどもは全員球団から退場となりました。
OBで構成することありきで固めた無能首脳陣もほぼ退場となりました。
でもチームの成績は何ら上向くことなく今季も終了。
結局球団に金がないとどうにもならないってことに今更ながら気付かされたわけです。

キャンプで若手を猛練習で鍛え上げてレベルアップを図るなんて話が聞こえてきます。
が、
確か去年も同じ事言ってましたよね?。
万年下位に沈む弱小チームで流行るんですよね、
このフレーズ。

今いる選手、
特に若手に対して今更猛練習を課したところで大してレベルアップできないことは今年の戦いを見て充分わかったはず。
能力のない選手に力以上のもの出せと言ったって無理なものは無理。
だから補強が必要なんです。
今オフはさすがに多少の補強はしてくれるものと思っていますが、
1年か2年での補強程度では追いつかないくらい読売とは差が付いてしまった今、
この先、
この球団は一体どうするつもりなのでしょうか。

補強費すらまともに準備できないような親会社はさっさと球界から去っていただきたい。

今の私の本音です。
球団を応援するファンは多くとも、
親会社が中日新聞であって欲しいと考えるファンはそう多くないと思いますよ。