小笠原投手が粘投も

画像

交流戦 中日ーロッテ2回戦、先発は小笠原投手、2回表にソロ本塁打を打たれてしまい1点を先制されます。

画像

4回表2死一、二塁、鈴木選手の右前打を処理しバックホームをする平田選手

画像

本塁を狙った二塁走者の角中選手ですが、大野奨選手がタッチしアウト、追加点を阻止します。

画像

3回以降は粘投で無失点に抑えていき7回で降板となった小笠原投手、失点は本塁打の1点のみに

画像

8回裏のチャンスで代走で出場した荒木選手。

しかし、追いつくことができず・・・完封負けとなってしまいました。
0

この記事へのコメント