中日ーヤクルト(22回戦)

先発は大野雄投手、立ち上がりからスワローズ打線をしっかりと抑えていきます 3回裏に2死満塁のチャンスを作ると、木下選手が押し出しの四球を選び先制、次打者のAマルティネス選手が走者一掃のタイムリー二塁打を放ち4−0 4回裏1死満塁、阿部選手の中犠飛で追加点、5−0とします 5回表に初安打を許すも後続を抑え…
コメント:0

続きを読むread more