中日ーヤクルト(24回戦)

先発は松葉投手、初回に満塁のピンチとなりましたが無失点に 3回裏2死二塁、岡林選手が右越えのタイムリー二塁打を放ち1点を先制、次打者大島選手もタイムリーを放ち2−0とします しかし4回表に3ランホームランで逆転を許すと、5回にも追加点を与えてしまい松葉投手はイニング途中で降板。 二番手で谷元投手がマウンドへ、後…
コメント:0

続きを読むread more